狭小地のシンプルリラックス

家づくり概要

お隣も住宅に囲まれ、お向かいにはマンションが建つ狭小地で、生活空間の重きをどこに置き快適性を得るか、庭をどう考えるか、実際の生活に必要な収納や家事動線の解決策など、さまざまな工夫をこらす必要がある家づくりでした。
お施主様とのお打合せを重ねた結果、1階はプライベートスペース、2階にパブリックスペース、屋上を庭の代わりに・・・というゾーニングにまとまりました。
特徴的なのは、本来ならば窓を考える南側は視線を避けるためにあえて壁とし、東西と上部から光を取り込むような採光プランとしたことです。

充填断熱と外張り断熱の二重断熱によって魔法瓶のように建物を覆い、窓はデンマークの木製サッシを採用し、快適な温熱環境も配慮しています。

コンパクトなつくりでありながらもダイニングリビングで20畳確保し、2階ならではの天井の高いリビングには木製サッシと高さを合わせたベンチを設け、洋書のような窓辺をつくりました。

saijo4
全体をシンプルに白でまとめ、照明やスチール手摺など、ダークグレーをアクセントカラーにして引き締め、小物やカーテンのアレンジでカジュアルダウンした、カジュアルモダンスタイルです。
キッチンと食器棚のドアを兼ねた黒板は、お子様の成長や気分に合わせて変わる「アーティスティックボード」です。
物を出さずに全部収納したい!というご要望から、1階の寝室併設のウォークインクローゼットだけでなく、洗面所や玄関などにもしっかりと収納部屋を取っているので、各所物があふれず、すっきりと片付けることができました。
庭が取れないために採用した屋上は、ガーデニングやバーベキューをしたり、花火が見えたりと、楽しみたっぷりなプライベートガーデンです!


屋上ではバーベキューやパーティーも楽しめる

詳細データ

クライアント
城西の家
竣工日
2013年3月1日
種類
Huset, 新築

設計施工会社