北欧モダン × 和のこころ

家づくり概要

モダンな中にもどこか懐かしさを憶える落ち着きのあるたたずまい、障子越しの優しい光、和紙の陰影、畳のかおり、提灯の灯り、周りの風景に馴染むいぶし瓦、洗い出しのアプローチ等、和の素材をふんだんに使ったヨゴホームズらしい北欧住宅をご紹介します。
デンマークを訪ねる度に感じることは日本との共通点、特に感性の部分で日本人が自然に心地よく入っていける不思議な魅力を感じずにはいられません。だからこそこのプロジェクトには力がはいりました。日本とデンマークをうまく融合させることができるのではないか、そう思いました。それがまさしくクライアントさまのご要望と一致しひとつの夢を実現させることができました。
もちろん住宅の性能は譲れないところ、デンマークを誇るVELFAC社の木製サッシ(アルミクラッド)をご採用頂き、高気密・高断熱・高遮音性を追求しました。キッチンや洗面ユニット、フローリング、照明などもデンマークにこだわり、シンプルで飽きのこないということに重点をおいてご提案させて頂きました。
玄関を入ると真正面に広がるピクチャーウインドウ、左は離れのような和室、右へ行くと吹き抜けのリビングダイニングへと続き、その中心にテラスを囲む庭が広がります。仲良しご家族がいつも気配を感じ合って暮らせるよう1、2階はリビングからつながっています。
四季折々を身近に感じながら日々心豊かに暮らして頂きたい。一年を通してエネルギーをたくさん使わなくても快適にお過ごし頂きたい。そして、何よりもこの住宅が時間を超えて長く誰かに住み継がれて頂けるよう様々な工夫と備えをこらしました。

始まりは1冊のインテリア雑誌でした。
クライアントさまがお好きな雰囲気や感性がその数枚の写真から読み取ることができ、お陰でとてもスムーズにお話を進めさせて頂くことができました。しかし雰囲気が素晴らしいだけでは住宅は十分ではありません。その見えない大切な部分にこそヨゴホームズのエキスをぎっしりと詰め込むことで、日々の暮らしがとても快適で居心地のいい空間に仕上がったと自負しています。私たちはデンマークをお手本に住宅づくりを考えますが、人類みな快適な生活を望むことに変わりはありません。
住宅の基本性能を充実させ本当の意味での経済的な省エネを追求することが一番大切だと思っています。


1-5 エピソード写真 写真:完成の翌年、地元住宅誌の取材を受けられました。


その上でお化粧はそれぞれの個性を尊重すべきです。
そういう意味においてもこの住宅はクライアントさまの想いをうまく表現させて頂けたように思います。私たちはクライアントさまの想いをどれだけ深くくみ取れるかが大切です。たった1枚の写真から全てが見えてくることもあります。イメージを言葉で伝えることはとても難しいことですので、今回のようにお好きな写真などをご用意頂けるととても助かります。これから家を建てようと思われていらっしゃる方は是非参考にして頂ければ幸いです。

詳細データ

クライアント
今治市 Wさま邸
竣工日
2009年10月1日
種類
Yogohomes, 新築

設計施工会社