北欧インテリアを楽しむほっこリノベ

家づくり概要

北欧のインテリアが大好きなご夫婦が探してこられたのは、約35年前に建てられた某ハウスメーカーの記念モデルだった建物でした。

十分すぎるほどの広さがあるはずなのにそれぞれの部屋が細切れになり、一番眺望のいい方角は閉鎖的と、周辺の環境を生かし切れていませんでした。

そこで、増改築を重ねた継ぎ接ぎの家の1階をメインの生活スペースとして、レイアウトを大きく変更することから始まり、内装のすべてをやり替え、老朽化して将来の雨漏りが目に見えていた屋根もリニューアルしました。

before1
昔ながらの和室が細切れにつながった間取り。
閉ざされた壁の向こうには桜並木があるのに、窓がないためにその景色を感じることができませんでした。


before2
広すぎるダイニングにはウッディなスケルトン階段がありましたが、時代を思わせるデザインがご夫婦のイメージするインテリアには合いません。


before3
レトロなゴージャス感がただよう玄関ドアも、傷やへこみ、退色が、むしろ悲しい雰囲気を醸し出していました。

桜並木の見える東側にLDKを配置すると同時に、壁を撤去してサッシを追加・サイズアップし、外部とのつながりを強化しました。


贅沢すぎるほど広々としたキッチンは、南側から光を取り込み、庭へのアクセスの良い位置に移動させました。


LDとの間に残った既存建物のブレースも、塗装し直しインテリアのアクセントとしました。


内装は無垢のウォルナットのフローリング、北欧の水性塗料で仕上げました。

詳細データ

クライアント
友丘リノベーション
竣工日
2011年3月1日
種類
Huset, リノベーション, リフォーム

設計施工会社

  • フーセット