部屋の真ん中に照明がある日本、部屋の端に照明があるデンマーク

突然ですが、部屋の雰囲気を決める一番のポイントは何だと思いますか?

もはやタイトルでまるわかりですが、お部屋の雰囲気・ムードを決める力が強いのは実は照明なんです。

日本の住宅では一般的に、天井ど真ん中に大きなシーリングライトをつけることが多いですが、デンマークでは一灯で部屋全体がこうこうと照らされるよりも、複数の照明を使ってほんのりと明るくなる明かりが好まれています。

 

反射光という考え方

“北欧風”をテーマにしたお家でよく目にするのは、鮮やかな色や模様の壁ですが実はデンマークで一般的なのは、白い壁です。そこに好きな絵や写真を飾ったり、お気に入りの家具やオブジェを置いたりして部屋に個々の色をつけていきます。

上の写真は、天井の壁際に設置されたダウンライトですが、2つの役割を果たしています。1つ目は、フォーカスしたいところを効果的に魅せる役割。光に強弱があると、人は目を向けますし、絵もキレイに見えますね。

そして、2つ目は明るさを増幅させる役割。白い壁に照明の光が反射して、壁自体がポワ~っと明るくなるので、ダウンライト1つですが、その周辺まで明るさを感じられるのです。

部屋の壁際や隅に照明を配置することで、間接的に部屋全体を明るくすることができます。

 

くつろぎを与える火の明かり

そもそも、日本で部屋の真ん中にドーンとシーリングライトがつけられている理由は「万能だから」です。圧迫感がなく、天井から全体を照らす光を一気に放ちますので、影ができにくく夜でも“昼”の明るさを感じることができます。

しかしその反面、部屋全体に強弱のない明るさがあり、夜に1日の疲れを癒やす空間としては不向きかもしれません。

リノベーションイメージ

暗く長い冬があるデンマークでは、暖炉がどの家にもあります。暖炉の火の光は、ただ周りを照らしてくれるだけでなく、心を和ませてくれます。

日々忙しく働いている日本人にこそ、家でゆっくりとくつろぐための暖炉のようなふんわりした明かりが必要なのかもしれません。

 

デンマークではライフスタイルや心の動きに合わせて照明の設計をしている

デンマークからは家具のデザインだけではなく、照明デザインもたくさん生まれています。部屋の雰囲気やムードを決定する大切なエッセンスとして、光のデザインが必要不可欠だったのでしょう。

見た目の良さはもちろん、照明をつけると、「あ、そんな風に光るんだ!」とサプライズもあり、デザイナーのユーモアやセンスも感じられます。

 

まとめ

意外にも部屋の雰囲気を決める照明について、日本とデンマークの違いを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

くつろぐための光、作業をするための光、家族やお友達と談笑するための光など、光を用途や感じたい雰囲気に合わせてデンマーク流の照明配置をお部屋に取り入れれば、きっと居心地が良くなるはずです。いまのお部屋の雰囲気にしっくり来ていない方は、照明の位置・色・明るさを変えてみてはいかがでしょうか?