とあるデンマーク人の家庭の日常風景

北欧のデザインに関して

日本人の方々はなぜだかとても北欧系のデザインを好んでくれる方が多いように思います。
椅子、照明、テーブル、食器、雑貨や小物などなど。

「可愛い・お洒落」といった言葉を聞く事もありますし、同時に「洗練されている」などとも評価されます。

そんな中で、デンマークファミリーハウスの家づくりは北欧の文化や考え方を参考にし、優れた部分を吸収して行われています。
深い理解や幅広い知識、実体験に基づく意見や事例が必要なので、メンバーの中には裏方に純正のデンマーク人が参加してくれています。
彼らと話していると、日本とはかなり違った生活スタイルや、クリエイティビティ、豊かな心に刺激を受けることが多いです。

それらを上手く日本の環境や流行、考え方のシフトに合わせていけているのか、お客様にはとても喜んで頂けています。
また、「最初から北欧が大好き!」という方も決して少なくありません。

日本にいるとあまり触れることができない部分や感覚を少しでも紹介できればということで、とあるデンマーク人の日常の何気ない写真をいくつか。

動物園まで行かなくても家族であひると触れあえる

デンマーク人の子どもとあひるの写真毎冬家のすぐ側のビーチであひるに餌をあげるようです。
冬はあひるにとって餌を見つけにくい時期なので、自分たちでパンをあげて触れ合っています。
あひるは大きい鳥ですが、人なつこく、特に子供が大好きとのこと。

小さな家を建てました

デンマークの小さな家(子供の家)

昨夏子供の家を建てました。
外は寒く薄暗く雨降りが多いなかでも、子供たちはこの家の中や周りで遊ぶのが大好きです。
もしかすると「家を建てる事」はデンマークの小さい世代に受け入れられているのかもしれません。